こんにちは。五番街M.Uです。

日曜日に自家製みその仕込み作業を行いました。

DSC_0251自家製みそ作りは確か5年くらい前に、一度だけ行ったことがありましたが、すっかり忘れておりました。

出来上がりが6kg程度だそうです。前日から大豆2kgに水を十分吸わせ、18時間後、今度は柔らかくなるまで煮込みます。普通鍋ですと3時間程度だそうなので、今回は圧力鍋で約30分、圧力鍋は沸騰してからふたするのですが、なんとなんと「灰汁(あく)」、いや泡がでるでる!!   なるほと、灰汁(泡)とる作業が結構な手間なので、市販の豆腐のラベルにある「消泡材」というもの使っちゃおう、なんて考え起こるのかもしれませんね。(当然、手作業で灰汁&泡とりいたしました)

次に柔らかく茹で上がった豆をミンチにしてから、「米麹」「塩」と混ぜ合わせ、保存容器(今回はカメ)に詰めやすいようにみそ玉を作りました。みそ玉をかめに空気が入らぬよう隙間なく詰めて最後に重しをして作業完了。茹で開始から結局ここまで3時間くらいかかったかな?ここから先は、麹菌がゆっくりと美味しく発酵してくれるのを、気長に待ちましょう。約1年後に美味しい味噌に変身してくれることを期待していますよ。

今回使用しました米麹は、「発酵の町」として知られている(これからかな?)神崎町(こうざきまち)の米麹です。

また、大豆も同じく神崎町の有機農法で栽培されている品種されていない在来品種を使用してみました。茹であがった時に味見しましたが、「甘い!!」びっくりです。次はこの豆を使って豆腐作りに是非ともチャレンジしてみたいと思います。

M.U