こんにちは。五番街マスター牛垣です。

そして、全身筋肉痛なマスター牛垣です。バリアフリー対策が、こんなにも有難く思える、毎年恒例の時期です。

建築に携わっている(いた?)身分としましては、

子育てのベビーカー時期を過ぎてしまうと、ついついバリアフリー対策の大切さを忘れてしまうものですが、

毎年1回の100キロウルトラマラソン後の、フルマラソンとは別次元の筋肉痛フルな身体には、

「手すりって両側に必要だよな」

「のぼり階段だと、手すりを引っ張るように使うんだ」

「使い方歩道から車道への段差を降りる時が、特に足の力が入らないよ。スロープはどこ?」

などなど、足の不自由な方や、高齢者の方々などは、大変なんだろうなと

改めて思い出させてくれるものです。

単に「スロープがある」とか、「手すりがついている」

などではなく、このスロープはどのような方をイメージして、

どのような利用を考えながら設計・施工したのか

などと考えさせられることが、本当に多いものだとわかるんですよね。

単に基準だから設置した、ではなく、

設計者や作り手の気持ちが伝わる、そして自然なしつらえが街にあふれてほしいと思います。

 

★★100キロ完走しました★★

23日(日曜日)に山梨県で開催されました

「富士五湖チャレンジウルトラマラソン」100キロの部に参加してまいりました。

結果はこちら

14930826954275

帽子が塩吹きまくっていますね。

記録は12時間54分05秒でした。

14930826957068

応援してくださいました皆さま、本当にありがとうございました。

何とかケガもせず、無事にゴールでき、そして無事に船橋へ帰ってくることができました。

 

レース当日は、朝から天候もよく、途中からは、雄大な富士山の姿が

14930826953324

精進湖畔(約70キロ付近)

 

しかし、

そもそもこの記録が速いのか、遅いのかがわかりませんよね(笑)

 

参考までに10キロごとのスプリットタイムとラップをどうぞ。

14930826948430

 

(以下、次回へ続く)