こんにちは。五番街マスター牛垣です。

暑さがぶり返し、身体がついて行けずにバテバテ気味です。

皆さまは体調いかがでしょうか?

そんな昼間の暑さでも、夜は「虫の声」が聞こえてくるようになりましたね。

毎年変わらず、同じように季節は進んで行くことを、ひっそりとおしえてくれているようです。

 

さて、先日23日(木)は、毎月第4木曜日で

認知症カフェ「認知症にならないカフェ五番街」開催の日でした。

 

ここ五番街での認知症カフェは、

スペースも、設備も、スタッフも、介護施設のように

充実しておりませんので、喫茶店で出来る範囲内で

ぼちぼちと開催しております。

 

といいましても、

実は

「いつも通りの五番街。」

でございます。(笑)

いつも通りのお飲み物お食事メニューで

のんびり、ゆっくりと

認知症の方ご本人も、

ご家族も、

相談に来られた方も、

昭和レトロな喫茶店で、

それぞれの方々のペースで

コーヒーやお食事を楽しんでいただいております。

 

また、

一般のお客様も、

そして子ども食堂の常連の子どもたちも

いつも通りの五番街を過ごしていただいております。

(夏休み子ども給水所開設中!)

 

ただ、いつもと違うのは

認知症や老人介護に関する専門職の方(在宅介護支援センター職員)が

お客様と同じ目線で待機して居てくれています。

また何かあれば市役所関係部署、地区社会福祉協議会や民生委員の方と連携が出来るようにもしております。

 

そして、筆文字のワークショップや、神様占いを認知症カフェに合わせて

「ご本人やご家族の方が、少しでも気分転換になれば」

と講師の方々のお気持ちで開催していただいております。

筆文字。

占い(ずいぶん前の写真ですみません。)

 

そんな様子の認知症カフェですが、

認知症ご本人(1名)とご家族の方(1名)

ご家族の方だけ(2組)、介護施設職員(1名)

そして子ども食堂の常連さん(7か月の男の子とママ)(1才の女の子とママ)

そんな店内の様子を笑顔で受け止めてくれるお客様たち。

皆さまご来店、本当にありがとうございました。

次回は、9月27日(木曜日)です。

 

★★★ラン伴(ラントモランナー・お手伝い募集)★★★

RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、
認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。

http://runtomo.org/

船橋市内でのラン伴リレーマラソンが9月8日(土)に開催されます。

五番街もタスキ中継所として、チーム喫茶五番街として参加する予定です。

 

もしよろしければ、ご一緒にラン伴に参加してみませんか?

 

〇ランナーとして:五番街から船橋地方卸売市場(市場カフェ)まで約2kmを3名程度で一緒に走ります。

9時15分頃五番街スタートして9時40分頃に市場カフェでタスキ引き渡し予定

 

〇中継所お手伝いとして:五番街でタスキ中継を盛り上げませんか。(応援、給水、ランナーのケア等)

9時15分頃に若松団地内のかふぇおひさまをスタートしたランナーを中継します。

(ちなみに、当日アロマキャンドルづくりなどワークショップも開催されます)

 

詳しくは、五番街マスター牛垣までお問い合わせください。